お墓

一般のお墓

昔からある「お墓」。初期費用として土地の使用料と墓石代、工事代、維持費として管理料が掛かります。

予算

50 万円~ 1000 万円以上
(大きさや場所等による)

寿命は100 年とも1000 年とも言われる。家族や親族の集まる場としての機能も。

跡継ぎがいることが前提となる。代が途絶えると撤去されてしまう。

永代供養墓

跡継ぎのない方のために生まれたお墓。管理料はかからず、初期費用として墓石代、工事代と永代供養料のみ必要。

予算

30 万円~ 200 万円
(大きさや場所等による)

代が途絶えても撤去、合祀されない安心感。

跡継ぎがいても承継できないことが多い。永代供養墓しかない霊園の場合、管理料収入なしで設備の維持は難しい。

期限付き墓

永代供養墓同様、跡継ぎのない方のためのお墓。永代供養墓との違いは、決められた年数が経過すると 自動的に使用権が消滅する点にあります(更新料を支払えば期間を延長できるところも)。使用権の消 滅とともに墓石は撤去され、ご遺骨は合祀墓に合祀されるものが主流となっています。管理料はかから ず、初期費用として墓石代、工事代と墓地使用料のみ必要。

予算

30 万円~ 200 万円
(大きさや場所等による)

一定期間お墓が存在していれば良い、という割り切った考えの方には向いている。

最終的には合祀される。期限付き墓しかない霊園の場合、管理料収入なしで 設備の維持は難しい。

合祀墓

文字通り合祀専用のお墓。定期的に合同供養を行っているところが多いです。

予算

5 万円~ 50 万円
(大きさや場所等による)

価格が安い

他の人のご遺骨と一緒に納められてしまう。ご家族や親族がお参りに来ても誰をお参りしている のか分からない

樹木葬

文字通り、樹木の下に埋葬する方法。永代供養を謳っているところが多いです。個別に納骨されるタイプと、合祀されるタイプがあります。

予算

30 万円~ 100 万円以上
(大きさや場所等による)

綺麗なイメージ。

永代供養なので管理料収入がない。墓石以上にメンテナンスが必要な樹木が将来どうやって管理されるのかが不明瞭。お参りに行ってもどこが故人の墓なのか分からないことも多い。

納骨堂

寺院の中にあるものと、ビル型のものがあります。永代供養か期限付きのところがほとんどです。

予算

30 万円~ 200 万円以上
(大きさや場所等による)

雨の日でも気軽にお参り出来る。掃除がラク。

管理料を徴収されないので、建物の建て替えが必要になった際の費用をどうするのかが不明瞭。費用はお墓と大差がない。

散骨

海に遺灰を撒きます。

予算

5 万円~ 30 万円以上
(大きさや場所等による)

綺麗なイメージで、比較的安価です。

残された家族や親族がお参りすることができない。法的にグレーなので、将来できなくなる可能性も。

手元供養

アクセサリーやオブジェの中に納骨スペースがあり、遺骨を入れて自宅に置いたり身につけて出掛けたり出来る新しい納骨方法です。あくまで分骨したご遺骨の保管方法に過ぎないため、手元供養とは別にご遺骨を納める必要があります。

予算

2万円~ 30 万円以上
(大きさや場所等による)

お参りに行く必要がなく、場所をとらない

残された家族や親族が集まってお参りすることができない。

閉じる